みなさん、こんにちは♪

明石市にある、こどものためのスペース
「中尾こどものいえ」のスタッフ日記です。

絵本がいっぱいあって、手作りおもちゃもあって、
こどもたちが、楽しく自由に過ごせる場所・・・
おかあさんたちも、なんだかホッとできる場所・・・

そんな場所作りができたらいいなぁ〜と、
絵本大好きかあさん2人が、2008年10月にオープンさせました。

空き古民家を利用した、レトロな雰囲気漂う、
なかなか素敵な空間なんですよ〜〜(と、自画自賛w)

(第1第3)木曜日10時〜12時にオープンしています。

最近、大人気なのは「ドイツゲーム」です。
小さい子たちも楽しめるゲームを、たくさん用意しています。

第2土曜日の13時〜16時には、
『ドイツゲーム会』も開催しています。


みなさん、ぜひ気軽に遊びにきてくださいね♪♪

2011年12月10日

12月「ドイツゲーム会&絵本を楽しむ会」

寒い中、たくさんの方が遊びに来てくださいました。るんるん
今日は、3、4歳〜大人まで、みんなで楽しめるゲームをしました。

まずは、大人気の「にんじん山のうさぎレース」
(対象年齢4〜99歳、プレイ人数2〜4人、プレイ時間20分程度)

ハラハラドキドキのすごろくゲームです。

にんじん山で、うさぎたちが競争します。
お山のてっぺんの大きなにんじんに、早くたどりついたら勝ちです。
途中で、にんじんカードが出たら、にんじんのいたずらで、
落とし穴に、落とされてしまうかもしれません。あせあせ(飛び散る汗)

015-2.jpg

にんじんをくるりと回すと…
「どこに穴があくのかな・・?」(ドキドキ)
「あらら・・落っこちちゃった〜〜」(笑)


次は、「こぶたのレインボーレース」
(対象年齢4歳〜99歳、プレイ人数2〜7人、プレイ時間20分程度)
(ドイツゲーム界の巨匠 A・ランドルフ作)

さいころを振って、こぶたを進めるすごろくゲームです。

014-2.jpg

他のこぶたの上に乗ったら、いっしょに運んでもらえます。
でも、自分が進む時は、下のこぶたを残して、ちゃっかりバイバ〜イ。(笑)

誰かがゴールしそうなとき、自分の手番に、
チップを使って、道を伸ばすこともできます。

今日は、6人でプレイしたので、こぶたが、よく重なったり、
道が、何度も伸びたりして、楽しかったね〜。

その他、ドラゴンのたからもの、ソックスモンスター、ハリガリジュニア、
うさぎのニーノ、マウスレースをしました。

ゲームの後は、「絵本を楽しもう〜♪」かわいい
今月のテーマは「クリスマス」

017-3.jpg

「さむがりやのサンタ」を読みました。

プレイルームにもクリスマスツリーが。クリスマス
みんなのおうちにも、サンタさんがくるといいね〜。


絵本の後は、おやつタイム。るんるん

今日は、特別に、スタッフの友だちが、ケーキやクッキーを焼いて、
遊びに来てくれました〜〜グッド(上向き矢印)

025-2.jpg

初対面のみなさんも、ゲームをしてすっかり仲良しになり、
円卓を囲んで、にぎやかに・・・
「おいしいね〜」と、みんなにこにこ顔。

みなさんが帰られた後、
姫路のドイツゲーム会「はりらん」の方々と、
「アルハンブラ」というゲームをしました。

1時間近くかけて、じっくりとかけひきのゲームを楽しみました。
「あ〜楽しかった〜〜」
こんな自分のための時間も大切にしたいな〜わーい(嬉しい顔)






posted by スタッフA at 23:35| Comment(0) | TrackBack(0) | ゲームのはなし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。