みなさん、こんにちは♪

明石市にある、こどものためのスペース
「中尾こどものいえ」のスタッフ日記です。

絵本がいっぱいあって、手作りおもちゃもあって、
こどもたちが、楽しく自由に過ごせる場所・・・
おかあさんたちも、なんだかホッとできる場所・・・

そんな場所作りができたらいいなぁ〜と、
絵本大好きかあさん2人が、2008年10月にオープンさせました。

空き古民家を利用した、レトロな雰囲気漂う、
なかなか素敵な空間なんですよ〜〜(と、自画自賛w)

(第1第3)木曜日10時〜12時にオープンしています。

最近、大人気なのは「ドイツゲーム」です。
小さい子たちも楽しめるゲームを、たくさん用意しています。

第2土曜日の13時〜16時には、
『ドイツゲーム会』も開催しています。


みなさん、ぜひ気軽に遊びにきてくださいね♪♪

2012年11月10日

11月10日ファミリーゲーム会レポート

今日は、9名(大人3名、小人6名)の方にご参加いただきました。るんるん

008-2.jpg
(魔法のラビリンス)

見習い魔法つかいが、魔法の迷宮で、
魔法のシンボルを集めるというストーリー。
魔法の迷宮には、見えない壁があってなかなか思うように
進めません。魔法のシンボルを最初に5個集めた人が勝ちです。

友達どうしの男子4人で賑やかに対戦。グッド(上向き矢印)


010-2.jpg
(オバケだぞ〜)

サイコロを振って、階段のてっぺんのオバケの長老の所まで
自分のコマをすすめる「すごろく」です。
でもでも・・
サイコロでオバケの目が出ると、みんなのコマが
同じオバケの姿に変わっていき、
さらに、コマ同士の場所の交換などもあり、
「どのオバケが、自分のコマだったっけ〜?」あせあせ(飛び散る汗)という、状況に。

今回も、途中から、誰も自分のコマをすすめていませんでした〜がく〜(落胆した顔)(笑)


011-2.jpg
(ドラゴンのたからもの)

ドラゴンが、秘密の洞窟のタイルの下に隠した伝説の宝物。
ドラゴンに見つからないようにタイルをめくって、
誰がたくさん宝物を見つけられるか!?
基本は神経衰弱。でも、気軽に遊べるようにルールが工夫されています。

その他、ピット、果樹園ゲーム、イルカのニーノもしました。


ゲームの後は、「絵本を楽しむ会」(リボンネット主催)をしました。るんるん

015-2.jpg

「読書の秋」をみんなで楽しみました。 わーい(嬉しい顔) 








posted by スタッフA at 23:16| Comment(0) | TrackBack(0) | ゲームのはなし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。